« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の記事

2010年11月29日 (月)

世間知らず

11月27日(土)
曇空も午前中には白い雲が浮かぶ青空へと移り変わっている。こうやって空をちょくちょく眺めたりするようになったのも、普通の生活をするようになったからだろう。それとも歳を食ったからか?
たしかに歳は食った。そう口にしても、さほどおかしくもない年齢に成ってはいるようだ。

今日の昼過ぎに音信不通であった従姉妹(いとこ)と数十年ぶりに再会したかと思えば、午後になれば学生時代の親友から電話が入ったりと何だか懐かしさを感じる一日であった。話の合間に時折、かんばしくない内容も少しばかりあったにはあったが、生きていれば良し悪しと色々あるのが当然なことである。まぁ、両者共に身体に関しては害もなさそうだったので安心した。

ところで‥、
Photo
おまえ、そんなとこで何してんの?

Photo_2

Photo_3


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


11月29日(月) 雨

日曜から天気も崩れ雨が降り続いている。
こんな寒む空だというのに外につながれている犬を見ると勝手ながら可愛そうにも思える。
数年ほど前はそんな感情すらなく犬は外で飼うものだと思っていた節があったが、いざ自分が部屋の中で飼ってしまうとそうは思えなくなってしまう。だから勝手ながらなのである。

今では人間の都合で生あるモノを身勝手に捨てたりする人格に怒りを通り越して悲しみを感じたりもするのだから、少しは人間らしくなったのだろう。

我が家の一員であるスパイクや紋次郎も、この寒む空の真下で暮らさなければならなかった可能性は十分にあった。ことに半年前に倉庫に捨てられていた紋次郎の場合、仔猫の状態で生きていられたのだろうか。

それにしても寒い日である。

君らは‥?

(コタツ布団をめくると‥)
Photo_4



人気ブログランキングへ

「熱いぜ!ベイビー」


2010年11月26日 (金)

冷たい空気

11月26日(金) 5時30分起床。気象は雨模様。

ノートパソコンから流れるpiano jazzを聞きながら、ほんのひと時のコーヒータイム。ゆっくりと朝の時間を楽しむ暇も無いまま、チクチクと突き刺すスパイクのお散歩ビーム。 

6時30分、外が薄明るくなってきた頃合に雨がポツポツと降り出してきた。窓を少しばかり開けてみれば冷たい風が頬を突き刺す。現在、スパイクのシッポはフル回転状態である。

「スパイク、今日の散歩は昼過ぎだわ」
Photo_3

スパイクは、これによってブルーに入っていく。
01
しかし、紋次郎にとって散歩が無いということは留守番も無くなるわけで、とても喜ばしいことになる。
11_2

Photo
今日も絶好調なふくみ笑いの紋次郎である。
Photo_2


怖いって‥。

ブログネタ: 人を見て、「これだけはしないでおこう」と思ったことは何?参加数拍手


人気ブログランキングへ

2010年11月22日 (月)

秋のアングル

11月21日(日) 晴れ

紅葉の落葉が池を覆い、情緒あふれる景色を堪能できるのもあとわずか。これからの日々、陽射しは弱まり冷え込みが厳しい季節になっていく。カメラを片手にスパイクと散歩するも、雪つりの作業をしている人があちこちで見受けられる。そういえば明日は二十四節気でいう「小雪」となる。とうとう雪の文字が暦に出てきたわけだ。
この平地もそろそろ初雪が舞うのかと気にかけながら、秋晴れと彼らの記憶を記録しようと狙いをさだめてみるが‥。

101121_075509_2


アングルを、いくら変えてみても‥

101121_080239

あほだっ。

Photo


Photo_2

こんなことなら、秋の風景を撮りに出掛けるべきだった。

Photo_3

ブログネタ: あなたの“口癖”って何ですか?参加数拍手


人気ブログランキングへ


2010年11月20日 (土)

秋夜 (しゅうや)

11月18日(木) くもりのち、ポツリと‥。

毎年この時期になると「何やら産ワインの解禁」で騒いでいるけれど、とくに酒は話題にのせられて呑むものでないと思っている。今夜はペペロンチーノと普通の発砲ワインで乾杯。
先月受けた健康診断も無事に終わり、結果は言うまでもなく中性脂肪360㎎(通常値 ~150mg)となり薬漬け。肝臓の数値も当然ながら上がっていたわけで、医者から「三日にいっぺん酒を抜いたほうが良い」と言われる。これを機会に来月の三日にいっぺん酒を抜き、一月の三日にと、毎月三日は酒を断とうと思い込む。


Photo


11月19日(金)快晴

今年、最高の秋晴れとなった。
ベランダのカーテンを引くとまぶしい朝日が部屋一面に差し込む。しかし生活はまずしい

夕方、いつも見なれている遠くの山々が夕日によりオレンジ色に染まる。季節の中でもひときわ綺麗だと思うのが秋の夕暮れだ。
そろそろ年末が近いこともあり昔の仲間から飲みの誘いも多々有るにはあるが‥。

ほんの数年前までは祭りごとも嫌いなほうでなくスーツ姿で社交場へ出向くこともよくあったが、今となれば誘われてもなかなか外出も出来そうにない。色んな意味でね。


Photo


Photo_2

Photo_4


Photo_5

季節のせいなのか、はたまた歳をくったからなのか。どうも寒くなると人恋しくなることもあるが、彼らのおかげで寂しい夜を迎えるまでには至らない。

酒場で飲むも良し。しかしオマケ軍団と楽しい秋夜を過ごすのも決して悪くない。


人気ブログランキングへ

2010年11月17日 (水)

いつくしみ SとM

11月13日(土) くもり

なんだろう。外見、性質、話す言葉もすべてにおいて違うモノ同士が同じ屋根の下で暮らす日々。
犬がこうで猫はどうなのかも知らないまま生活を共にしたわけだが、不思議と気持ちが通じ合い信頼が生まれていくのが分かる。そんなことを今さらSとMから学んでいる。 (S)=Spike (M)=Mon
無駄な助言や行動は意味のないもので、思いやりは言葉巧みに使う必要もない。
言葉中心に生きる人間社会はすれ違いばかりで親族ですら認め合わないことが多いというのに‥。
本当はそばに居て、たまに触れるだけのことで絆は深まるものなのかもしれない。

生きるにあたり金も言葉も必要以上に有り過ぎると問題を多くするだけのもの。金のない私には分かるようで分からない難儀な問題でもある。

それにしてもだ‥。

11月14日(日) 雨 
先日、スパイクの失恋劇に異常なまでに盛り上がった紋次郎も、さすがに見るに見かねたのだろう。



Photo
じぃ~~~~~~~ん。

泣かせてくれるよ、粋な仔猫だ紋次郎。
生意気だけがとりえかと思っていたが、家族の一員としての役割もしっかり心得ているじゃないか。

感動した。

   
Photo_2

Photo_3


確かに、去勢で無駄なは無くしたが‥ 

それを言っちゃ~おしめぇよぉ 


 

ブログネタ: あなたは愛したい派?愛されたい派?参加数拍手

人気ブログランキングへ
  

Dsc_0065

2010年11月12日 (金)

Broken Heart (失恋)

11月11日(木)降ったり晴れたり、のち曇り‥

さすがに秋というのは移り変わりの激しい空景色である。「男心と秋の空」、なんていうのは昔のブログに書いていたこともあるが、今では老いを感じるばかりの雲行きばかりが目につく。
Photo_5

ここで過ごすようになってから、なじんでいくものは土の匂いや風により塀をこする木の枝のざわめき、スパイクの散歩の要求といったものばかり。ときどき窓から見える風景と空に浮かぶ雲の流れをぼーっと眺めて時間を過ごす。マンション住まいの頃は気にもせず見過ごしていた外界の感触を感じつつ、一日の時間を ことのほか心地よく過ごしている。


いつもの散歩コースをスパイクと歩いていると、よくすれ違いざまに鼻を近付け合ったりする小型犬と出会す。コリーのような感じだがコリーではないらしい。飼い主の女性に品種名を聞いたりもしたが、難しい名で帰宅するころにはすっかり忘れている。朝の散歩は結構な犬と出会すが、この犬にだけは愛想の仕方が異常以上である。

ただ今日の朝は同種の犬が二匹となっていた。立ち止まり飼い主に話を聞くと片方は実家のメス犬で、二匹は夫婦らしいことが判明‥。


           それが原因なのか、まるで漫画のように不機嫌になったのが、これ。↓

Photo

先住犬スパイク=メス生命五年にして初の失恋かも‥


A


Photo_2

Photo_3

こればかりは何もしてあげることが出来ないが、紋次郎ならスパイクを何とか励ましてくれるかもしれない。


Photo_6

2


Photo_9

ブログネタ: あなたの“青ざめた体験”を教えて!参加数拍手


人気ブログランキングへ

2010年11月 8日 (月)

流れ渡り (誕生日)

11月7日(日) 午後より晴天 
朝方は冷え込んでいたものの、午後からポカポカと気持ちのいい秋晴れになった。
Photo_3


季節の流れが年齢を重ねるにつれ不思議と早く過ぎていくように思える。
髪など整えスーツを着用し外食するのが日課で、気が向けば少し離れた町までドライブに出掛けたり、旅行をしてみたりと、断然、マンションの独り暮らしこそ自由で気楽な人生だと言っていたのが、かれこれ三,四年も前の話になってしまっている。
今では、こんなボロ家でオマケ軍団に囲まれ見張られているような環境に、前以上になじんでしまった自分が可笑しい。
あまりの様変わりに、昔の仲間逹がよく驚いたりすることも多いが、本人が一番驚いているわけだ。

ここに移り住んで早二年、あっという間だったが、思い起こせば数々の難題もあったには遭った。家の購入後、ヤッさんとのトラブルがあったり、スパイクが脱走したり、そして紋次郎と出会ってしまったが為に、あれこれと‥。

O

何であれ、今日はめでたいオマケ軍団1号の誕生日。
この歳になると自分の誕生日は無関心となってしまったが、家族や仲間の誕生日は出来る限りのことをしてやりたいと思う。

Photo_4

 まぁ、とりわけ預金残高の都合もあるわけで、オマケ軍団まとめての誕生日とする。
  「全員、誕生日おめでとう」

Dsc_0066

Dsc_0070
 ひと口くれるんでしょ?

ブログネタ: 「ひと口ちょうだい!」と言われたらどうする?参加数拍手

2010年11月 5日 (金)

残秋と残臭

11月2日(火)雨のち曇り‥そして雨
今年の夏は、ことさら暑くて驚かされた。
猛暑、残暑と騒いでいたのもつかの間、秋らしさを感じぬまま残秋となってしまったような季節の流れである。
何もかもが不安定な時代になり誰もが何らかの不安を抱いていることだろうが、オマケ軍団だけはのんきなものである。本当にこんな生活で良いのだろうかと思ったりしても、彼らを見ていると「これでいいのだ」と幸せを感じ、何となく上手く収まる。

Photo

それにしても寒い。財布の中身。

11月3日(水)晴れたり曇ったり

何の変化も無いような日常生活を送っている中、紋次郎と出会い五ヶ月が過ぎた。まだ半年ほどの付き合いにすぎないのだが、何年も一緒に暮らしている気がしてならない。それだけ存在感のある泥棒猫なのだと思う。
昨晩も晩酌のつまみを見事に盗み食い。罪を犯せば猫でも罰せられるわけで真夜中よりゲロッキーで苦しむ。何度かトイレシートにしゃがみこみPーPーする姿をよそに、部屋にただよう異様な香りにこちらもひるんでしまう。

100912_155201

これまた見事な残臭であった。

11月4日(木)晴れ
もう冬も間近、澄んだ空気から浮かんで見える山々はうっすらと雪化粧。紋次郎にとっては生まれてはじめての冬を体験することになる。
そういえば先月から胃に不快感があったため、十日ほど前に内視鏡検査をしてきたが、あれは二度としたくないものだ。口から黒いクダを入れられ「ここ、少し不自然だから検査のため切りとっていいね」、なんて医者が言うから、「ダメッ」って言い返すも、「うぅ~ぅん」としか声が出せなかった。何とも情けない。
結果はいえん。 ‥(胃炎デシタノ)

11月5日(金)雨のち曇り、時折日差し強し。午後より雨。
十数年ぶりに友から連絡があった。ぞくに言う「金持ちのぼんぼん」なのだが、暴飲暴食がたたり若いうちに糖尿を患っていた。その合併症から視力が奪われ数年ほど前に盲学校を卒業したらしい。今はマッサージ師をして生活しているようだ。声は元気そうではあったが内容はかなり悲惨なものであった。
これも不景気ということと、ぼんぼんであったということなのだろう。ある意味、これからは平凡に生きていたモノより辛い人生になる可能性はある。金の価値観を知らないまま大人に成ってしまい、全財産を使ってしまったのは彼自身である。ここらで人生の帳じりが始まるのかもしれない。友のことばかり言える自分でもないが、今はそれしか言ってやれなかった。

きっと、おまえ達には不景気という3文字はないんだろうな。
爪を研ぎながら眠ってしまった紋次郎。寝てるときは可愛い仔猫なんだが‥。

Dsc_1049_3

出来ればそのまま眠りについていておくれ。たまにはオトコの自由もおくれ。

100914_103912


ブログネタ: 【写真ネタ】お宅のペットの「癒し系写真」を見せて!参加数拍手



人気ブログランキングへ

ブログネタ: 今、あなたが減らしたいと思うものは?参加数拍手

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »