« 秋日和 | トップページ | 初雪 »

2010年12月13日 (月)

無慈悲(むじひ)

12月13日(月) 雨
 

日記の更新が途絶えていた。平凡な出来事もきっちり書いていくべきだと記載しておきながら、一週間が過ぎている。生きていると楽しいことばかりで済まされない現実を目の当たりにしてしまい、それどころではなかったのが本当のところである。


Dsc_0001


‥12月8日水曜日、スパイクの散歩を終えると、先に連絡を取っておいた場所へと向かう。
先月から気に掛かっていたことがどうしても頭から離れないので、戸惑う気持ちを持ったまま、ある人に会うことに決めたのである。


(以下、勝手ながら引用)

今日一匹の命が星になりました。残りの二匹は入院させていますが、たとえ助かったとしても視力が残っているかわかりません。こんな状態の命に手を差し伸べるのは間違いなことでしょうか。

‥両目を失明していた仔猫ちゃんも星になりました。

数匹の仔猫がゴミ収集日にゴミ集積場で捨てられていたのです。
ひもじくて外に出たのでしょう。一匹は水たまりで死んでいました。
雨の降る日でした。

三毛猫を保護して10日が過ぎ少し大きくなりましたが、まだ430gの未熟児です。
連れてきたときは顔を上げることすら出来ない栄養失調の状態でした。
命とは人にのみ使われる言葉なのでしょうか。
いつも思うことは、そこにも命があるのです。
どうか、助けて下さい。

偽善者ぶるつもりなどさらさら無い。自分の中にも残虐な心が潜んでいることは知っている。
何らかの事情によって飼えなくなってしまう場合もあるだろう、意味無くイヤになることだってある。
ただ、ゴミのように捨てるその気持ちが解らない。また、命を軽々と捨てる人格に怒りも無ければ解ろうとも思わない。だが、捨てられたものの気持ちは痛いほどわかる。我が家の一員である紋次郎もその一匹である。


Photo
                           (初日の写真)※勇気のある方はクリックでアップしますが‥
どう見ても死相が出とるぞ。

実のところ我が家で飼うというのは、あらゆる意味で無理なことだと思っている。前もって信用できる何人かの知人に連絡を取りお願いしてみたのだが、どれも期待する返事はいただけなかった。
とりあえず仔猫と出会った日は、しばらく預かるということで話は終わった。その後、病院から我が家に向かう間、助手席に居る仔猫を撫でながら、はたしてオマケ軍団とうまくいくのだろうかと、そればかり気にしていた。
残る問題は財布の中身である。だって、めちゃくちゃ食いまくる仔猫なんだもん。エサ代どしよかな。

Photo_2
                 ↑
あのね、そこのお二人。去年張り替えた畳がボロボロになりましたけど‥。


Dsc_0223


三日目、看病の甲斐あって猫風邪の治療の成果が少しずつ現れてきた。しかし、よく食うメス猫だ。月末まで持つかな財布の中身。

Photo_9


四日目の朝、紋次郎を預かった時もそうだったが仔猫とは、日々違う顔つきになるものだと思った。
風邪薬と目薬のおかげで身体は改善方向、スパイクの役割で精神は安定気味のよう。


Dsc_0168

少し太ったからね。

Dsc_0173_2

少し痩せたからね、お財布。それなのに君らって、そんな素振りを見せ付けるんだ。

Photo_7


Photo_8

Photo_4


Photo_5


Photo_6


人気ブログランキングへ


« 秋日和 | トップページ | 初雪 »

オマケ軍団」カテゴリの記事

履歴書(自分史)」カテゴリの記事

コメント

子猫ちゃん、可愛いですねheart04
ろんさんがこのまま飼うのですか?
動物飼うのって…人間の子よりは安いけど…
お金かかりますね。うちもボーナスが入ったら
3匹予防注射に連れて行きます。
8400円×3匹=?shock
でも、あの可愛い顔見てたら離れられませんよねhappy01

未熟児ちゃん、お顔がしっかりしてきましたね。
美人ねこさんになりそう。
人間の勝手で、生き物の命をごみのように捨てる。。。
怒りよりも、その人に対して哀れな気持ちを持ってしまいます。
それで平気なんだろうか?幸せを感じられるのだろうか?

子猫はよく食べるけど、大人になると、それも女の子だったらそんなに食べないだろうから、大丈夫にゃん。

家族が。。増えてる。。happy01heart04
しかも。。可愛いし。。。。。。。。。。heart
いい奴。。。。。。。だにゃん。。。。。。。happy01

我が家にも猫が一匹おります。やはり捨てられていたのを可哀そうだと、息子が雨の日に拾ってきました。 その息子は我が家に捨てて?自分はさっさと独立して行きました。
あれからもう20年近く経ちましたがいまだに健在・・・ショップで買う餌は体調に合わないのでキロ\3600の餌は動物病院から取り寄せています。
この問題はいつの世になっても無くならないでしょう。残念ですが。coldsweats01

こんにちは。
ミケちゃんの素敵な住まいが早く見つかりますように。
紋次郎ちゃんが遊んであげて、スパイクちゃんが育ててくれれば一番いいのにな~。

こうなったらもう、、、 手放せませんね。  美人、じゃない美猫になりそう!

スパイクが面倒を見て、紋次郎が相手をして…みんなで大事に見守っているんですね。
こねこちゃんのお顔もかわいく、安心した表情になったと思います。
ろんさんの気持ちが、こねこちゃんを救ったのですね。confident

次から次へと、動物たちのかわいそうなお話はなくなりませんね。
悲しい現実です。bearing

何もかも悲しすぎる・・。

三毛猫は可愛いので、飼ってくれる人が見つかることを祈ります。

それにしても、スパイクはやさしいワンちゃんなんですねheart01

スパイク先輩の指導がナイス過ぎる…≧∇≦

仔猫ちゃん、本当に表情が変わりましたね。
たくさん、ご飯を食べたこともあるけれど
安心したってことも大きいかもしれませんね。

我が家も少し前から1匹増えました。
どうなることかと思いましたが
どうにかなってます。

我が家のチビもよく食べます。(@Д@;

未熟児ニャンちゃん、顔が来た時とかわったね。イキイキしてる顔してるcat
紋次郎くんも最初とは全く違うcat
三毛ちゃん、大事にしてくれる飼い主さん見つかるといいねhappy01

ああ、三毛ちゃん助かってよかった…!ろんさんと巡り会えてよかった。
引き取り手、うまく見つかるといいですけれど、
でも既にかなりろんさんちの皆と仲良さそうですもんね〜。
うふふ…このままろんさんちの子でいてくれたら、
私も日々ブログで成長の様子を見られるんだけどナ☆

ごみのように命を捨てるのも人なら、救えるのもまた人、ですね。

たった3日ですっかり活力ある表情になったね。
紋次郎くんはもう恋に落ちてしまったの?(*^_^*)
うちも、捨て猫を育てていましたが、最初のうちは全然食べ物を受け付けなくて、でも水だけ飲んでくれたので、スポイトでちょっとずつあげていたら元気になりました。
多分、もともと持っている生命力、生きたいという気持ちなんだろうね。
ネコ用のご飯などはあげず、それこそねこまんまのようなものをあげてたよ。
安上がり!
その後19年生きて、3年前に亡くなりました。
この子も救われた命、大切にしてあげたいですね。

あ、あかん、、、 こういう話聞くと、どうしてもウルウルっときてしまう・・・。(ノ_T)

仔猫ちゃん、最初の写真見たら可哀そうで可哀そうでしかたない気持ちになってしまいましたが、3日、4日後の写真を見てホッとしました・・・。(*´∀`*)=3

たっぷりの愛情に包まれて、子猫ちゃん、幸せですね☆

むはあ~可愛いにゃんこちゃんだニャ~lovely
実家で猫を2匹飼っていたんです。
1匹は迷い猫、もう1匹は貰い手が無かったら処分という猫でした。
私が嫁に行った後は、祖母の部屋でのんびり暮らして居ました。
たまに帰省すると(と言っても近くですが)ちゃんと覚えていてくれて
体を擦り付け、膝に入ってきました。
とっても可愛かったです。
1度家族として迎え入れた命を、飼い主の都合で・・・
せめて自分はそうならないようにと思っています。
全ての子に・・・という訳にはいきませんが
自分の家の子だけは幸せに暮らせるようにしてあげたいです。
なんだか色々考えてしまいましたthink

捨て猫のお話は心が痛みます。
なぜ平気で命を捨てられるのか私にはわかりません・・・

ろんさんと出会ったこの子はラッキーですね!
このまま無事成長する事を願っています。

お財布問題は・・・頑張って稼いでください!

こんにちは。コメントありがとうございます。リンクからお邪魔しました。
子猫ちゃんたち かわいいねぇ。家族が増えて にぎやかな様子 楽しそうに見えるよ。
一時おあずかりっこなんだ。 ろんさん 家族は優しいなぁ。
子猫 拾ったときのとこ 思い出してたよ。  

―soramameさん―
半年前まで猫に興味を持てなかった自分が懐かしいです。
こんな年齢になってから良さがわかるとはね。
でも、この齢に到達したからこそなのかもしれません。


―katzenmamaさん―
この1週間で体重もずいぶん増えました。
元気になるにつれ、幸せそうな顔つきに成ってきたなぁと
勝手にうなずいています。でも本当によく食べるんです。

―jazzmaineさん―
正直なところ家族に迎え入れようかとも考えています。
ただ、小さいとはいえ命ですからね。こちらも腹をくくらねばならないことが沢山あります。
いい奴かどうかは後ほど‥、ということで。w

―山の嵐さん―
彼らと出会うことがなければ、知ろうともしなかった現実です。
もしかしたら私も似たような人間だった可能性も考えらなくもないのです。

ただ今はここに居るモノ達を全力で守ろうと思っています。
つか、高いですね、エサ代!

―イソップ畑さん―
そうなんです。彼らが稼いでくれれば‥。w

―やまんばさん―
きっと美猫になると思いますよ。甘え上手で毎日デレデレになってしまいます。
前世は間違いなくホステスか芸者だったと思える性格の仔猫なんですよ。

―ままさん―
私が救っているのか、彼らに私が救われているのか‥。
これも現実です。

―マリーちゃん―
紋次郎が来た時は、ここまでスパイクも優しくなかったんですよ。
どちらかと言うと、やきもち焼いてたりしてましたからね。
その頃は環境の変化についていけなかったんだと思いますが、
今ではすっかり母親気分です。それを見ていたら笑ってしまいますよ。

―naoさん―
そうでしょ。何だか彼らの歓迎振りと態度に男泣きしそうです。ホントに‥

―raraさん―
言われるとおり、どうにかなるんでしょうね。
わたしもそう思うのですが、もう少しだけ考えてみようかと‥。

―カメさん―
はじめて見たときは、その痩せ方に驚きました。赤ちゃんの顔って毎日変わりますね。


―kurimomoさん―
幸せな猫になると信じています。だからこそ真剣に考えてしまうのです。
でも、そろそろ決断を出さなくては仔猫もかわいそうですよね。

―じゃまいこさん―
紋次郎は本気で惚れこんでるみたいですよ。三毛猫ちゃんを触ろうとするとジィ~~っと睨むんです。w

ねこまんまですが、じゃまいこさんのコメントを読んでさっそく食べさせてみました。
旨そうに食うんです。全員か‥。w

―ちょん丸&鷲さん― 
涙もろいところは同じようです。歳をとるごとにそうなってくるのでしょうか。
あの死相もなくなり誰が見ても可愛い仔猫のミケになりました。
仔猫も幸せ、そんな姿を見ていて私も幸せな気分になります。そろそろ判断です‥。

―mackeyさん―
ひとりっ子で鍵っ子だった頃、一匹の犬が遊んでくれました。
でも、あの頃の私はただの遊び相手としか思っていなかったと思います。
今、我が家のオマケ軍団と暮らすようになって、
わたしも日々、色々と考えさせられています。

―しげりんさん―
この一週間の時間と、みなさんのコメントにより考えも固まりつつあります。
今夜あたり、スパイクと紋次郎に聞いてみようかと‥。

―acefeelさん―
今年の大掃除は大変なことになりそうです。
家族が増えて、にぎやかなのは喜ばしいことなのですが、
拭き掃除が終わったかと思えば、また毛だらけになっていたりと、
ため息が出てしまいます。w
本当に猫の手をかりたいです。でもね楽しいんですよ、こいつらと居られる生活。

ろん様
拙いブログをご覧頂き感謝です。
ミィは厚木に住む友人の仔猫です。
八割れの紋次郎君も三毛ちゃんもすごく可愛いですね。
世の人の中にはうっぷん晴らしにと小さな命を虐待するバカ者います。これは犯罪ですし、ゴミ箱等に捨てる行為も犯罪で、警察はびしびし取り締まって欲しいものです。
我が家のクーは生後2ヵ月半頃、迷い込んで来ました。親戚の動物看護師の話では、排泄の躾も完璧であり、捨てられた仔猫だろうと。ココは11月の寒い日に、神戸六甲山麓の公園に、ダンボールに入れられて捨てられているのを助けられました。この時生後2週間程で、猫風邪を引いておりました。里親募集に手を挙げ、東京の我が家に来たねこです。
これからもご覧頂けたら感謝です。

仔猫ちゃん・・初めの写真ではげっそりで表情が辛いです。
でも、スパイクくんと紋次郎くんのお陰なのかな ホッとした
表情になって 瞳がキラキラとしてきて ホントに良かった。

・・・人って勝手ですよね。物があふれる時代、 バックを選ぶ
ようにファッションでペットを飼い始める人もいる。
うちはペットショップでワンコに出会い飼い始めました。
その契約時の書類に 驚く注意書きがありました。
『成長する過程でペットの毛のカラーが変わり、好みでないとの
理由で返品はできません。』 ・・・???
そういう事が実際にあるんですよね。理解できません。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551615/50289864

この記事へのトラックバック一覧です: 無慈悲(むじひ):

« 秋日和 | トップページ | 初雪 »