« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の記事

2011年3月28日 (月)

違い目(たがいめ)

3月26日(土)曇り時々雪

寒暖の差の激しい春先である。無意識に上布団を蹴飛ばしたようで今朝は寒さと重さで目を覚ます。
手足がやたら冷たいのに胸元と首が妙に暖かい。少しばかし息苦しさもあるというのに身を動かそうとしない自分に疑問視。これこそ平和ボケか。

Photo


地震発生から半月が過ぎたというのに未だ各地の余震とその関係者たちの偽り及び(誤り)は収まるところを知らない。
何時もながら思うことは、お偉方さんもマスコミも的が外れすぎている。誰かのせいにしたり攻めてみたりすることは容易いようだが、そんなツッコミばかりで現状復帰は大丈夫なのか。東電、与党、野党、どうでもいいと思っていたが今回ばかりはどうも胸くそが悪い。

気分転換にと玄関先に花を添えてみたりする。これでも水周りと玄関はきれいにしておくよう心がけているつもりだ。風水からすると玄関先に黄色いものを置くと運気が上がるそうな。うふふっ、これで金運も‥

Photo_5

そんな願いと男心まで粉々に‥

Photo_6

思うに我が家に花は、「はなこ」だけで十分だと言う意味なのかしら。
それにしても、なぜか怒れない自分。

3月27日(日) 曇りのち雪まじり

今月も残すところあと少し、早くも四月になろうとしている。月末にもなると何時もながら財布の中身に悲鳴するも、今のところそれなりに生活はしている。もしかしてやり繰り上手なのかもしれない。ちなみに我が家のスパイクは、朝のやり繰りが非常に上手い。ある意味、軽蔑と尊敬が入り混じる。

Photo_4

そうそう、金欠にともない我が家の酒も底がつきそうになっていたわけだが、恩人よりバーボンの御すそ分けがあった。このタイミングに酒が送られて来るというのは非常に有り難い。これで月末までハジケナイトな夜が送れそう。

Photo_7


Photo_8



人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村

続きを読む "違い目(たがいめ)" »

2011年3月15日 (火)

認識

3月11日(金) くもりのち綿雪

自然と向き合うと自身が抱えている悩みや不満がいかに小さく些細な意味だということに気づき、災難が起きれば皮肉にも幸せという本当の意味を思い知り、また無知であることも痛感してしまう。

Hanako_2

Photo_3

Photo_4


PM3:30頃、
大きな横揺れを何度も繰り返した。揺れが訪れる少し前に「はなこ」がタンスの上から飛び降りコタツに潜り込んだことが気になる。偶然なのか予測できたのか‥。ちなみに揺れながらイビキを掻いていたスパイクがもっと気になる。

Photo_2

3月12日(土)快晴

AM05:45頃、
早朝、大きな揺れにて目覚める。テレビをつけ速報を聞けば今度の震源地は長野。引き続き処々で地震が発生しているようだ。四年前の三月二十五日(日)に比べれば小さな揺れではあるが、あの頃の住まいは鉄骨のマンションということもあり家屋が崩れるという心配は今ほどになかった。それにしても、これから起こりうる二次災害を考えれば足も震える‥。

Photo_4


3月13日(日) 快晴 

今日、気象庁は東日本大震災の地震の規模を示すマグニチュード(M)を8.8から9.0に変更したことを明らかにした。マグニチュードが0.2大きくなると地震のエネルギーは2倍となる。今回の地震のエネルギーは関東大震災の約45倍、阪神大震災の約1450倍。


風が吹けば桶屋が儲かる」という古いことわざがあるが、先ほど携帯電話に妙なチェーンメールが届いた。クリックすると募金されるらしいが‥。
詐欺まがいなメールに「よくもまあ考えつくものだ」と思ってみても、今回ばかりはどうも笑えない。

3月14日(月) 晴れ
PM4:30頃、
先ほどから北陸も緊急地震速報が流れている。プレートが崩れてしまった日本列島はすでに何処で何が起きてもおかしくない状況だろう。繰り返し流れる地震、津波、原発、被害における映像を見ながら赤十字センターに電話を入れる。
O型RHマイナス、それなりにめずらしい血液はそれなりに必要だったみたい。

Photo_3

Photo_4



人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村

2011年3月12日 (土)

東日本巨大地震

暗いニュースばかりが続いている中、とんでもない自然災害が起きている。モニターを通して見るだけでもその凄まじさがわかる。マグネチュード8.8 死者不明多数、時間が経つにつれ自然が及ぼした被害に驚くばかり。さらに、この地震による北米プレートのゆがみによる今後の二次災害も心配なところだ。こうしてブログを書きながらも、母方の故郷である能登半島の大地震を思い出している。あれから四年‥、そういえばあの地震も三月だった。
「お見舞い」
いまだ不明者が増え続けているようですが、どうか皆様がご無事である事を願ってます。
そして被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、一刻も早い救助、復旧を願います。

2011年3月 6日 (日)

忘れ雪

3月1日(火) 曇りのち雨

21

日記を書き続けるというのが意外にも大変だということに気がついた。晩酌を済ませ酔いがまわったころから書くのだから得意、不得意ということではなく、単に酔いつぶれ書き損なったまま寝てしまう。朝はすっきりと目覚めるが書く内容もすっきり忘れている。春を迎えるほどに歳を増し、年々錆ゆく身体能力に滅入るばかり。今日は「はなこ」の二度目のワクチン。体重なんと2.3キロも‥。

3月3日(木) 雪

このところ、春らしい日々が続いていたものの昨晩より急に冷え込む。北陸は三月に雪が降るのも珍しくないが、暦上、もう春の雪と言ってもよかろう。

Photo

春の初めに地面に触れた瞬間に消えゆく忘れ雪に願い事をすれば叶うらしいが、叶った試しはない。そもそも願ったこともないが‥。


前回のワクチン接種で「はなこ」の体調が少々崩れたこともあり、今回は獣医さんの配慮でワクチンアレルギーを抑える薬も一緒に打っていただいた。おかげで「はなこ」も普段とかわらない様子である。ただ、そんな薬があるなら最初から打ってほしかった。治療費も前回と同じだったわけだし‥。

3月4日(金)晴れのち雪 

晴れてはいるがとても寒いということで贅沢にも朝から風呂に入る。
寒いと一言でいっても若い頃の感覚とは違い、体の芯から冷えているのを実感する。

Photo_3

風呂から上がれば今日もまた同じような一日が始まる。ふと、そう考えると溜息も漏れるがオマケ軍団を眺めていると、いつも興味を持って何かに夢中になっているのが窺える。その真剣さが返って新鮮に思えたりするもので、こちらも見習わなければいけないと思い直すことが多い。

Photo_3


猫が一生を賭けてやりぬこうとしているものの空しさを考えると絶望的に成らざるを得ない。が、それほど打ち込めるエネルギーがあると言うことは幸せなことだ。そんな彼らといるだけで何故かしら楽しい気分にさせてくれるもので、我が家は忘れ雪に願う必要も無いようである。
紋次郎、はなこ、口には出さないがここで礼を言うよ。

「毎日、ありがとう」

Supaiku

Photo_11

3月6日(日) 曇り空

はなこが可愛くて仕方ない紋次郎なんだが、性格上少々しつこいらしい。しつこいだけならまだしも、はなこからの誤解も多いようで結局は「はなこ」を怒らせてしまうことが多い。

Photo_4

Photo_5

Photo_8

Photo_6

Photo_9


人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村


« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »