« 認識 | トップページ | 春思 »

2011年3月28日 (月)

違い目(たがいめ)

3月26日(土)曇り時々雪

寒暖の差の激しい春先である。無意識に上布団を蹴飛ばしたようで今朝は寒さと重さで目を覚ます。
手足がやたら冷たいのに胸元と首が妙に暖かい。少しばかし息苦しさもあるというのに身を動かそうとしない自分に疑問視。これこそ平和ボケか。

Photo


地震発生から半月が過ぎたというのに未だ各地の余震とその関係者たちの偽り及び(誤り)は収まるところを知らない。
何時もながら思うことは、お偉方さんもマスコミも的が外れすぎている。誰かのせいにしたり攻めてみたりすることは容易いようだが、そんなツッコミばかりで現状復帰は大丈夫なのか。東電、与党、野党、どうでもいいと思っていたが今回ばかりはどうも胸くそが悪い。

気分転換にと玄関先に花を添えてみたりする。これでも水周りと玄関はきれいにしておくよう心がけているつもりだ。風水からすると玄関先に黄色いものを置くと運気が上がるそうな。うふふっ、これで金運も‥

Photo_5

そんな願いと男心まで粉々に‥

Photo_6

思うに我が家に花は、「はなこ」だけで十分だと言う意味なのかしら。
それにしても、なぜか怒れない自分。

3月27日(日) 曇りのち雪まじり

今月も残すところあと少し、早くも四月になろうとしている。月末にもなると何時もながら財布の中身に悲鳴するも、今のところそれなりに生活はしている。もしかしてやり繰り上手なのかもしれない。ちなみに我が家のスパイクは、朝のやり繰りが非常に上手い。ある意味、軽蔑と尊敬が入り混じる。

Photo_4

そうそう、金欠にともない我が家の酒も底がつきそうになっていたわけだが、恩人よりバーボンの御すそ分けがあった。このタイミングに酒が送られて来るというのは非常に有り難い。これで月末までハジケナイトな夜が送れそう。

Photo_7


Photo_8



人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村

今日の朝、数年前に見た平井憲夫氏の(原発がどんなものか知ってほしい~) 文を読み直していると今回の災難後に書いたものかと思ってしまうほどの内容である。

原発安全神話

平井憲夫氏の文章には誤りがあることは認めるが、原発の存在やその後のゴミが我々の手に負えない状況であることや、今稼動中の原発自体に施工ミスの可能性があるという指摘。そして、それをとめることが出来ず、度々起こる原発事故の主因になっているという事実についての指摘は非常に的を射ている。それに作業員は犠牲になっている可能性が高いことも暗に示唆されている。これだけでも原発廃止を唱える理由になりそうだ。

平井氏に対しての関係者及び評論家たちの反論文 


人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村

« 認識 | トップページ | 春思 »

オマケ軍団」カテゴリの記事

落書き」カテゴリの記事

コメント

ろんさん、こんばんはsign01
お元気でしたか?
ろんさんが休んでいる間に原発事故も問題が・・・
どんどん大きくなって・・・先が見えない状態になって…
被災地はライフラインも回復せず…まだまだ、問題だらけです。
でも、人は…どんなに苦しくても強く生きて行かないとね。
ろんさんも金欠とガソリン切れできっと不安な毎日だったのでしょうね~coldsweats01
良いお友達がいてよかったですね。
懐は寒くても…心はポカポカ温かそうじゃないですか~happy02
風邪ひかないように気を付けて下さいねsign03

ほんとほんと、胸くそが悪いのです!
放射能の安全基準が事故があってから、引き上げられてるのです、
一般人のがですよ、水道水なんて、事故前の100倍上げられ、それで安心ですなんて、たまらないですよ〜〜。
私の住んでる所だって、蛇口から放射能が出るというとんでもないことが起きてるのすから、
私自身もですが、テトの健康守るのがこんなに大変になるなんて、想像もつかなかったですから。
自然エネルギーに、早く政策を変えてほしかったです、
そんな、危ない原子力に、国は年に5000億も補助金出して、結果、この有様ですし、
この先、不安です。平和な風景に戻りたいです、、、。

おひさしぶりです。
はなこも紋次郎もスパイクも上手に暮らしていますね。
ろんさんもハジケナイトが続いて何よりです。

地震の被害はあまりにも大きくてまだ何も進んでいないようですが、大勢の人の力があるので、きっと復活するのを信じています。
私たちもがんばりましょう〜

こんばんは〜、さくらとタマ吉です。
このコたちとの平和な日常を返してほしい、と切に思います。
散歩に行くたびに、放射能を吸い込んでいるのだろうなとか、
さくらにマスクは出来ない、タマ吉を庭でひなたぼっこさせられない、
こうしてどうなっていくのか、という不安。

しゃあしゃあと人体に影響は無いと繰り返すTVにただ唖然とするのみ、、。
結局は人災ですよね。

原発のニュースを見ていると、全てが「~だろう」で進められているから
そりゃ、予測と違った事が起こるのも頷けてしまう。

節電はしているのだけど、
震災以来、テレビが消せないです。
観ていない間に何かあったらどうしよう…って。
停電が終わるとすぐにTVを点けてしまう。

停電前と同じニュースだと安心するって変だなあと思う今日この頃です(>.<

あはは☆しばし和ませていただきました。
それにしても、PCでの絵、すごくお上手&可愛いですね〜!
素晴らしい。。。♪
特にスパイクちゃんのお顔にやられます。

はなこちゃんなら花に勝ってますからね〜!充分☆
ジャンプする姿も愛くるしい。。。ぽぽぽlovely

原発。。。今だに、なくては生きていけないかのように言う人もいる(みたい)ですが、
人命や土地の人たちの生活を犠牲にしてまで、そんなに皆、電力が豊富にほしいかなあ?とそこが疑問です、ワタクシ。。。sweat02
議論の出発点を間違えちゃいないかい?って思いますねえ。

おはようございます。
はなちゃんますます美人いや美ネコになってきましたね。
そしてハジケナイトーはやんちゃぶり満開が一目でわかっちゃいますねhappy01

原発については早く終息してくれると良いのですが・・・それ以上は正しく理解していない私には語る資格がないと思っています。

もしかして、ろんさんはイラストレーターのようなお仕事??
お上手すぎだわ(●^o^●)

スパイクちゃんの表情!  云いたい事がよーーーく伝わってきます!
もしも恐ろしいことが起ったら、、、お三方の事を思って胸が痛くなります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>そらさんへ
こんにちは。今回起きている災害で私も含め日本全体が変わらなければ成らない時期にきているようにも思えます。
今更偉そうなことも出来ませんが、自然のせい、人のせいにばかりしている時間があるなら自分を見つめなおしていきたいものです。
決して強く生きれる性格でもない私の場合、表面上の明るさでなく渾身から出る源で今日を楽しむことかと‥
そんなことまでオマケ軍団から教わってたりして。w

>草之丞さんへ
あまりにもズサンな処理と情報に、怒りから何か違う感情に変わってきています。
成るように成るという言葉は決して嫌いな文句ではないのですが、このまま無知なまま犠牲者が増え続けていくのには
何とも居たたまりませんね。このような災難に見舞われ、改めて平和な風景とは何かが見えてきた次第ですよ。

>ままさんへ
元気な自分たちが明るくしていくことがまず原点かと思っています。
今回の地震災害で自粛されている方々が沢山おられますが、私ども西日本方面では自粛よりやらなければならないことが
たくさん転がっていると思っています。みんなが自粛してしまえば確実に経済は落ち込んでしまいますもんね。
とはいえ、使う金も無いけど‥。w

>さくらとタマ吉さんへ
人は欲望のおかげで成長してこれたのも本当のところだと思っています。その欲望により自らの生命を脅かすのも間違いではないでしょう。
そんな意味で言えば人災も自然に起こったものなのかもしれません。根本的に考え方を変えない限り、また人災は自然に起きるのでしょう。
困ったものです。

>ヨライダさんへ
確かに、これだけ毎日起こりうるニュース速報にテレビ(情報)は消せないでしょうね。
数日前まで我が家もそうでしたが、今では逆に見ないようにしています。見ていると気を真ともに受け取ってしまい、
マイナス的な要素が生まれそうなので‥。オマケ軍団たちを見ているほうが気楽で明るくなれます。

>kurimomoさんへ
欲望は尽きないのでしょうかね。私の場合は今より昭和の頃の状態がベストだと思っているのですが‥。
何でも電気に頼りすぎなんですね。もっと自然と共に生きれればいいのにとオマケ軍団が言っています。w

>toranosukeへ
今回の福島原発での事故が起きる前から、原発には反対でした。何も身の危険をしてまで優雅に生きる必要がどこにあるのかが不思議でなりません。
人間は電気もガスも無い時から生きてきてるのですからね。

>じゃまいこさんへ
ありがとう。お世辞でもうれぷぃ。w

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551615/51238042

この記事へのトラックバック一覧です: 違い目(たがいめ):

« 認識 | トップページ | 春思 »