« 分水嶺 | トップページ | 成否(せいひ) »

2013年4月30日 (火)

回想

4月11日(木)

Photo_8


春の朝のささやかな寒気は嫌いではない。朝はいつも縁側で寝起きのタバコを一本吸いコーヒーを飲むのが日課になっている。オマケ軍団が来てからというもの屋内でタバコを吸うことがなくなった。おかげで部屋はヤニ臭くもなく火の気の心配も減ったが、冬場は妙に惨めに思えたりするのである。我が家の中庭には小鳥が入り込んでくることがよくあり、今朝も一羽の小鳥が庭石の上にいるのを見かけた。なんという鳥か目をこらせば見分けられたのかもしれないが、老眼まじりのオヤジにそこまでする視力も好奇心もない。仔猫だった紋次郞が我が家に来たばかりの頃、庭に放って遊ばせていると塀の上から二羽のカラスが目を光らせていたことをふと思いだす。あの時のカラスは間違いなく小さな仔猫を標的にしていたに違いない。幸いにもスパイクが紋次郞のそばから離れずにいてくれたので案ずることもなかったが、内心ヒヤヒヤしていたのが本音である。この時のスパイクはとても頼もしく利口な番犬に思えたりもしたが、『この時だけ』の偶然であった。今思うとあれは最初で最後の奇跡、もしくはまぼろしでしかない。


Photo_2


――夕方から金澤まで足を運んだ。ひとりで電車に乗るなんて何年ぶりだろう? むかし何ひとつ言えないまま別れとなってしまった幼なじみと、地元の安いホルモン屋で逢う約束をしていた。幼年期を過ごしたアパートの向かいにあった小さな店だった。子供の視線から大人へとなったことで、ところどころの景色やそばにあった脇道が思っていた記憶より狭く小さなものに見えたことに多少の戸惑いはあったにせよ、何かが変わっていたということはなかった。違っていたことといえば住んでいた木造アパートが取り壊されていたのと、ワンパク坊主がオッサンの顔に変身していたことぐらいである。
小学2年になりクラス替えをしたばかりの春に県外へ転校した。前日までそんなことも知らず自身の耳に入ったのも当日の職員室でのこと、その数時間後には知らない土地へと向かうトラックの荷台の中で荷物と一緒にうずくまっていた。あれから30年、いや40年近くになるか‥。


ホルモン屋ののれんを潜ると座敷に座った。やはり日本人なのか座敷で飲むとうちとけるのが早い。四十数年も生きていればそれぞれに何らかの苦労話もあっただろうが、そんなことはどうでもよかった。すでに気持ちはあの時代、あの頃の少年へとタイムスリップし思い出話のみに花が咲いていった。もう忘れられているのだろうと思っていた自身の存在を事細かに記憶していてくれたことに胸を打たれると同時に、今さらながら素直になれる居場所を見つけられたことにうれしさを感じていた。


Photo_9

オマケ軍団がボロ家で待っていることもあり時間は限られていた。時間の流れは思う以上にはやく過ぎ、時計の針もいつのまにか10時をまわっていた。「そろそろか」と、帰る電車の時刻を気にしながら名残惜しむように店を後にする。数分歩けば町駅があった。その間の帰路はまわりの景色を見ることもなく地面ばかり見て歩いた。帰りの電車のなか、ぼんやりと窓に目をやった。暗闇を吸ったガラスは鏡となり自身の姿を映し出している。引っ越し、転校を繰り返してばかりの少年期を送っていた。心の中から否応なしに湧いてくる感情に振り回され、意思とは別に生まれてしまった心の傷がいくつも植えつけられていく瞬間を経験してきた。もっと早くに故郷へ行っていれば良かったのかもしれないが、それはどうも、若い時代において面汚しの行為をさまざましてきたせいか、人というものを信じれず生きた時代がながく、思うように出来なかったのである。そんなトラウマになっていた欠片のひとつが今日の出逢いで薄れていったのを実感していた。

帰宅すると軍団の影が玄関扉のスキガラスがら浮かび上がっていた。闇の中にひっそりとうずくまりながら待ちぼうけていたオマケ軍団のことを考えると、ただただ抱きしめてやりたくなった。冷えた体を抱けば肌に触れる毛の1本1本から迎えられている情感が広がっていく。何となく歳を喰ったせいか感情が高ぶりやすくなってきているのか、妙に今日は胸が熱くなる1日だったようである。番犬にはほど遠い先住犬と重力を無視した猫の動きに癒やされながら、この後、オマケ軍団と二次会をはじめた‥。

Photo_13


人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村

« 分水嶺 | トップページ | 成否(せいひ) »

オマケ軍団」カテゴリの記事

外出許可」カテゴリの記事

妻味(tumami)」カテゴリの記事

履歴書(自分史)」カテゴリの記事

私作品」カテゴリの記事

落書き」カテゴリの記事

コメント

ロンさんお久しぶりです。
今日のブログはなぜか胸に沁みます、大切な相棒が風になってから寂しくて診療内科のお薬を飲んでいる意気地なしの私、玄関に映る主人の帰りを待つ軍団にロンさんと同じ気持ちになりました。愛おしくて抱きしめたい。
いなくなった猫の柔らかな抱き心地、何回ものぞんでいます。
我慢できず次の仔を待っている今です。

こんばんは。
私も小さい頃引っ越しをしましたが、その頃の友達とは引っ越し以来数人を除き会っていません。みなどうなってしまったのか、考えてみると不思議な感じがします。私がおば(あ)さんになったように、みんなそれなりに年を取ってしまっているのでしょうね…
おまけ軍団のみんな、げんきそうでなによりです。かわいいです~。happy01動画、まさかこういう展開とは…happy02真剣に見てしまいましたよ。

ついに動画が~~ヽ(*≧ε≦*)φheart04
また次回も…?cat
プレッシャーをかけてるわけぢゃないです。( ̄ー ̄)ニヤリ
スパイクくんのかっちょいいエピソードの後の惚けた表情…吹き出しちゃった。( ´艸`)プププ
幼馴染との再会…、映画小説を読んでるみたいに映像が出てきましたよ。
(ちなみになぜかロンさん役は佐藤浩一で)
私も懐かしい幼馴染を思い出して、連絡とりたくなっちゃった。confident

ろんさん、おまけ軍団~crying
待ちくたびれたじょー
しかぁも、しんみりぐっすんなお話(´;ω;`)
と~ま母ちゃんも、小学校3つ行ったよん。
あんまり覚えてないから、会ってもこんなふうな感情が抱かないかもですが、
しみじみ年取ったなぁと思う今日このごろ…
1週間後には、半世紀人になりやすぅ

━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━
>せせらぎさん、次の仔とはやく出逢えるといいですね。

いつもつかず離れず側にいてくれる三匹の影と温もり、今や日常的にあたかも当然のように過ごしているのです。風呂に入ると必ず一緒についてくる紋次郞と脱衣所でうつらうつらとオトコふたりの湯上がりをひたすら待っている「はなこ」。その存在が居なくなるというのは信じられなく信じたくない事実でしかありません。
人の考えはそれぞれではありますが、私はネコの悲しみから救ってくれるものは猫でしかない、そう思っています。近所の方で長い間ペットロスになっていた人が、新しいネコを飼ってから急に元気になった姿を見て、経験もしていない私にもその方の気持ちが分かりました。あの時の影の代わりになるものは無いにしても、生あるものと過ごすということは素晴らしく幸せなのかと‥。


>きいろびわさん、今年のボロ家日記は動画に挑戦してみようかと思っています。思い出には金はかかりません。のちのちのためにも沢山残していこうかと‥。w

友達、親友、幼なじみ、この類いの違いが何となく分かってきたのかもしれません。信じていたものから裏切られ、それを許し、また裏切られる。それを繰り返すうちに自身が裏切ることで裏切られないよう、裏切られる前に裏切ってしまう、そんな屁理屈人生を歩んでしまった若き頃もありました。人を信じる、または好きになるということは勇気のいるものですが、今この歳になり損得無しの男の絆を作っていけそうな、そんな予感がしているのです。

>つぶあんさん、ついに念願の動画を…。w
オマケ軍団の成長記録を動画にして残すため日々、のたうち回りながら研究中。今後は動画にて姿、振る舞い、しゃべりを記録していこうと思っています。なにせ我が家の軍団はおしゃべりですから。
逢うまでは何も想像できなかった。ただ懐かしい幼なじみで終わるのか、現実と想像するものとの違いを知っている年齢でもあるので、あえて何も考えずに再開してみました。こんな年齢にもなると話さなくても一瞬の流れの空気で伝わる何かがあるものです。老後も楽しめそうないい仲間が出来ましたよ。w

>と~まの夢さん、待ちくたびれまぢだかっ。w
互い年齢は近し、そんな感じですねっ。小学だけでも何度と転校を繰り返しましたが、今回逢うことになった場所が私の原点だったように思えてなりません。二度と会うことはないだろうと思っていた場面に逆戻りまで出来た気がしてなりません。あの頃に出し切れなかった何かが、やっとここに来てすっきりされた感覚です。
━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

catこんばんわ!お久しぶりです。お元気だったのですね。
心にしみる、お話でしたね。私もこの年になりますと、妙に昔の友達
や故郷のことを考えます。不思議ですよね。ずーっと会っていなくても
話が、弾むんですよ・・・・・^-^
今年は、この連休は故郷に帰ります。懐かしい風景に会えそうです。

おまけ軍団相変わらず可愛い。スパイク君ゆったりしていて良いですね。
我が家も、コタローが愛嬌たっぷりです。彼らに癒やされる毎日です。

ご無沙汰でした。
ろんさんも軍団も元気で素敵な毎日ですね。
元気で家族いっしょが1番です。happy01

幼なじみ…いいですね。
タイムスリップして、いい時間が過ごせますよね。
旧友たちとは離れ離れでなかなか会えなくなってしまい、再会すると話はつきないです。
震災があって「会える時に会っておかなければ」との気持ちが強くなりお酒を飲む機会も増えています。
私はあまり参加できないけど…

私は結婚まで引っ越しをしたことがなかったため、引っ越しとか転校とかずっとあこがれていたタイプです。
今まで3回引っ越しましたが…
身軽な引っ越しというものができず、今度引っ越す時は「箱5個」が目標です。
未定ですが…smile

こんばんは~
 久しぶりに見るおまけ軍団、元気そうでなにより^^。
ふふ・・笑わせていただきましたhappy01

幼馴染はいいものですね。
何年会ってなくても、話してるうちにあの頃に戻れますよね。
お顔は、おっさん?になっても(笑)

次回記事楽しみに待ってますpaper

━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━
> happymaronさん、毎回懲りもせずにお久し日記になってます。w
若さが売りだった頃は目に見えるもの、または魅せることへの執着ばかりが働いていたのか、現実と先行きにしか気が向いていなかったような‥。年齢的にも半ば近くを迎えると、送ってきた人生の足跡を ふと、見つめたりするようになってきました。少しは心にゆとりが出来たのでしょうかね?私には帰る古里と言える場所はありませんが、訪れることが出来る故郷というものが出来た、そんな感じです。
この連休に故郷に帰るようですが、ぜひその感想をブログにてご報告のほど楽しみにしています。

>ままさん、ボロ家日記の更新は久しぶりですが、そちらの方は頻繁に覗かせていただいております。
この半年足らずの間に何人かの友人と呑むことが出来ました。いずれも軍団が待っていることもあり、
長々と呑む時間もありませんでしたが、それが返って次回のお楽しみという感覚にしてくれ新鮮さを残してくれているのかもしれません。友人とはまだまだ呑みたい、でも軍団と離れるのも心配、その狭間で少しだけの時間を作りつつ、これからも楽しもうかと‥。

>みいさん、姿、振る舞いは完璧なおっさんに変わっていました。w
その反面、中身は皆して子供心になってしまい、話しの内容も小学生そのもの、昔は凧揚げ、コマ遊び、パッパ(メンコ)、ケンケン、缶蹴り、竹馬、金のかけない色んな遊びで過ごしたものです。今は金ばかりかかる、そんな時代に変わってきてますね。昭和に生きたことへ感謝です。
━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

ろんさん、大変お久しぶりです。
お元気そうで何より、そして今回の記事にはしんみり感じることがありました。
私も昨年、中学の時の同級生に会う機会がありました。
同期生のお葬式という、大変残念な場ではありましたけれど、
それをきっかけに定期的に会っています。
お酒を飲みながら、思い出話や近況報告に花を咲かせる・・・。
いい時間ですよね。

年を重ねていく度、できるだけ身軽になりたいと思ったりしますが、
友人との間は濃く深く繋がっていきたいなあと、最近特に感じます・・・。
ろんさん、とてもいいお話、ありがとうございました☆

カラスは、、、あ、ご飯だ!っと、思ってるのでしょうね、っと、ご飯じゃない〜〜!!っと、
知らせておかないと、危なっかしいので、スパイク君ご苦労様〜〜^^;

引っ越すと、なんだかんだと、思いますね、離れてんだな〜っと、
元が東京だったから、その頃でもほとんど会う人は他の(と抜き)道府県の人なので、
まぁ、どこに住もうとそういうのでは違和感ないのだけど、それでもいろいろ思ったりはしますね〜〜。。

動画ですね、4コマってとこですね^^

こんばんは。
ブログに遊びに来ていただきありがとうどざいます。
猫たち、里親さんのもとに行き、幸せになって暮らしています。
また遊びに来てください(^○^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551615/57275962

この記事へのトラックバック一覧です: 回想:

« 分水嶺 | トップページ | 成否(せいひ) »