« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の記事

成否(せいひ)

5月16日(木) 曇り 

 

 

 

 

夜半か朝方間近なのか、まだ薄暗い部屋の中でうっすら目を開けると枕元に「はなこ」が座っている。もっと正確にいえば、こちらの頭は枕からすっかりずり落ちており、枕の上に平然と座り込んでいる「はなこ」が見える。昨夜の酒が抜けていないというのに細めて見つめる「はなこ」の目力は安らかな眠りに針を刺し淡い夢も瞬く間に断ち切ってくる。目が合えば待ち焦がれていたように首をヒョコリと横にかしげ、か細く短い声で『ナァ』と鳴いてみせる。懐に入りたいのかと軽く布団を持ち上げ谷間を作ると小刻みに頭を縦に振りながらその中へすすみ、脇のあたりで二度三度と体を回転させまつわるように寝そべる。
手のひらで軽く柔い毛を撫でると小刻みに前足を動かしグルグルと心地の良い音を奏でる。
猫は犬と違った感触と温もりがある。だからといって「はなこ」と紋次郞の温もりも同じでもない。共通するのは幸せな気分にしてもらえるところだ。

 

 

小学校の頃、両親が離婚し母が朝晩と働きに出るようになってからは、ひとりで過ごすのが当たり前だった。学校から帰宅するとテーブルに置かれた夕飯を温め直す。電話線も引かれていない部屋に電子レンジという家電もない。夜半眠くなると部屋の隅にある布団を引いては床につく。冬でなくても独特の冷えが感じられる布団だった。6畳と四畳半のアパートの広さは、ひとりっ子には不満のない広さだったが、やはり近所の家はすごく大きくみえたり、家族団らんの夕飯の匂いなどが流れてくると羨ましいというか、言葉にならない寂しさを感じていた想い出がある。それは大人になってから勝手に自分の中で作られた記憶なのか、本当に子供心に抱いた感情なのか、よくわからない。ただ、ある時期まではちゃんとした家庭を持ちたいと強く思っていたのは確かだ。

母の留守の合間に何度か別れた父が顔を出すようなことがあった。ひとりで居るのは寂しかったけれど、父と会うのは苦痛でしかたなかった。父としての存在そのものを否定しつづけていたとかだけでなく生理的にうけつけなくなっていた。

 

 

Photo_4

 

目が覚めたのか、「はなこ」が布団の中から顔を出してきた。膝の上にひょっと飛び乗り口元をなぞり付ける。顔を近づけると、「ンンッ」と、さっきよりいっそう小さな声で鳴く。それは寂しいというのではなく腹が減ったという仕草、何をしても可愛いね。

 

Photo

 

 

 

 


人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村

 

 

 ―ちちばなれ―

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

フォト
2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ