カテゴリー「私作品」の記事

2013年4月30日 (火)

回想

4月11日(木)

Photo_8


春の朝のささやかな寒気は嫌いではない。朝はいつも縁側で寝起きのタバコを一本吸いコーヒーを飲むのが日課になっている。オマケ軍団が来てからというもの屋内でタバコを吸うことがなくなった。おかげで部屋はヤニ臭くもなく火の気の心配も減ったが、冬場は妙に惨めに思えたりするのである。我が家の中庭には小鳥が入り込んでくることがよくあり、今朝も一羽の小鳥が庭石の上にいるのを見かけた。なんという鳥か目をこらせば見分けられたのかもしれないが、老眼まじりのオヤジにそこまでする視力も好奇心もない。仔猫だった紋次郞が我が家に来たばかりの頃、庭に放って遊ばせていると塀の上から二羽のカラスが目を光らせていたことをふと思いだす。あの時のカラスは間違いなく小さな仔猫を標的にしていたに違いない。幸いにもスパイクが紋次郞のそばから離れずにいてくれたので案ずることもなかったが、内心ヒヤヒヤしていたのが本音である。この時のスパイクはとても頼もしく利口な番犬に思えたりもしたが、『この時だけ』の偶然であった。今思うとあれは最初で最後の奇跡、もしくはまぼろしでしかない。


Photo_2


――夕方から金澤まで足を運んだ。ひとりで電車に乗るなんて何年ぶりだろう? むかし何ひとつ言えないまま別れとなってしまった幼なじみと、地元の安いホルモン屋で逢う約束をしていた。幼年期を過ごしたアパートの向かいにあった小さな店だった。子供の視線から大人へとなったことで、ところどころの景色やそばにあった脇道が思っていた記憶より狭く小さなものに見えたことに多少の戸惑いはあったにせよ、何かが変わっていたということはなかった。違っていたことといえば住んでいた木造アパートが取り壊されていたのと、ワンパク坊主がオッサンの顔に変身していたことぐらいである。
小学2年になりクラス替えをしたばかりの春に県外へ転校した。前日までそんなことも知らず自身の耳に入ったのも当日の職員室でのこと、その数時間後には知らない土地へと向かうトラックの荷台の中で荷物と一緒にうずくまっていた。あれから30年、いや40年近くになるか‥。


ホルモン屋ののれんを潜ると座敷に座った。やはり日本人なのか座敷で飲むとうちとけるのが早い。四十数年も生きていればそれぞれに何らかの苦労話もあっただろうが、そんなことはどうでもよかった。すでに気持ちはあの時代、あの頃の少年へとタイムスリップし思い出話のみに花が咲いていった。もう忘れられているのだろうと思っていた自身の存在を事細かに記憶していてくれたことに胸を打たれると同時に、今さらながら素直になれる居場所を見つけられたことにうれしさを感じていた。


Photo_9

オマケ軍団がボロ家で待っていることもあり時間は限られていた。時間の流れは思う以上にはやく過ぎ、時計の針もいつのまにか10時をまわっていた。「そろそろか」と、帰る電車の時刻を気にしながら名残惜しむように店を後にする。数分歩けば町駅があった。その間の帰路はまわりの景色を見ることもなく地面ばかり見て歩いた。帰りの電車のなか、ぼんやりと窓に目をやった。暗闇を吸ったガラスは鏡となり自身の姿を映し出している。引っ越し、転校を繰り返してばかりの少年期を送っていた。心の中から否応なしに湧いてくる感情に振り回され、意思とは別に生まれてしまった心の傷がいくつも植えつけられていく瞬間を経験してきた。もっと早くに故郷へ行っていれば良かったのかもしれないが、それはどうも、若い時代において面汚しの行為をさまざましてきたせいか、人というものを信じれず生きた時代がながく、思うように出来なかったのである。そんなトラウマになっていた欠片のひとつが今日の出逢いで薄れていったのを実感していた。

帰宅すると軍団の影が玄関扉のスキガラスがら浮かび上がっていた。闇の中にひっそりとうずくまりながら待ちぼうけていたオマケ軍団のことを考えると、ただただ抱きしめてやりたくなった。冷えた体を抱けば肌に触れる毛の1本1本から迎えられている情感が広がっていく。何となく歳を喰ったせいか感情が高ぶりやすくなってきているのか、妙に今日は胸が熱くなる1日だったようである。番犬にはほど遠い先住犬と重力を無視した猫の動きに癒やされながら、この後、オマケ軍団と二次会をはじめた‥。

Photo_13


人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村

2013年3月 6日 (水)

分水嶺

道端の水溜りに薄く氷が張っているのを昔はよく見かけたものだが、今では土の道もほとんどなく、しばらく氷や霜柱の上を歩いたりしていないような気がする。朝ピリッとした空気に新鮮な何かを覚えた子供の頃とは違い、寒さへの防御とか鍋の材料とか、とかくロマンのないことばかりが頭の中をよぎっていくのは歳のせいだけなのだろうか‥。気がつけば秋は遠に過ぎ、もうじき冬も終わろうとしている。


Burog

2月28日(木)晴れ 気温13度

二十数年ぶりの旧友と酒を酌み交わした。仕事のこと、身体のこと、生活のことと限られた時間もあることから、互い荒削りな会話になってしまったが、若い頃とは違う穏やかな旨い酒が呑めた。

若者と飲むこともしばしあるが刺激というか何かが多すぎるのだろう、酒の味がとげとげしく感じたりする。
妙に声が大きかったり、熱く語ったり、時に説教されているような感覚に陥ることまである。おおよそ話の内容じたいについていけないからなのだろうが、どうも思うような酒が味わえない。たぶん若い時代の自分もそうだったのだろう。ともかく、いい気分で呑めるということは嬉しいものである。このような気分になれるのは最近になってからかもしれない。これから先、味深い酒が呑める、そんな予感がしている。

また友と酒を交わすことを約束している。その日が楽しみでしかたない。

Photo


― 2月28日 (夜分) ―

夜の十時半をまわったところ、時代劇を観ながら残り酒を呑んで酔いつぶれかかっている。

2_3


いつまでも子猫であってほしいという願望を追い越して体型だけは容赦なく成長しているように思える。うちに来た当初の「はなこ」は食い意地が汚く、むやみにガツガツしていた。しかし不思議なものでこの粗野な食い物に対する本能はいつとなしに良い方へと向上し、あのあまりに見苦しかった食欲もだんだん尋常になっていった。振る舞いもいくらかおっとりとしてきたが、それでも生まれもった無骨さはそう容易には消えそうもない。そのつど必要な量だけを何度かに分けて食べる紋次郞のエサを、誰もが気づかぬうちに平らげる「はなこ」の食欲はいまだ健在である。

5

2011年7月19日 (火)

夏日

7月1日(金)晴れ 気温29度

日記も走り書きばかりの下書きで放置状態、これも6月半ばから酒を呑んでないからだろうか‥。

特別な思いもなく、まして体調がすぐれないからでもないが十数年ぶりに酒を抜いている。理由は珍しくも「呑みたいと感じない」、ただそれだけのことである。
さて、そろそろ食器を入れる棚もいっぱいになってきたようなので、不器用ながら日曜大工でも‥。

Photo_2

どうやら紋次郎とはなこも手伝ってくれるらしいが‥↓

Photo_3
(大工の頭領:紋次郎、その女将:はなこ)

7月3日(日)晴れ 気温31度

必要のないことは年々省くようになってきていると感じている。
無理をしなくなった分、無駄な動作や私考が減ったというのもそうだが、無いモノを欲しがる意識が減衰し執着しなくなってきたからなのかと思っている。それが良いか悪いかは別にして気分はとても身軽な感じだ。
その分、体重がめたくた増えてしまったのだが‥。
とくに腹周りが目立ち全体型が『ぶよぶよ』している。それに気付いたのは春先のことだった‥。


Photo_4

33

若い頃と比べるわけにもいかないが、四十路に入るなり筋力が急激に弱まり無駄な贅肉がきわどく目立ちだした。
人生を経験した人間的重々しさが理想だったにも関わらず中年太りの重苦しさばかりが目立つ。じわりじわりと増えだした体重は二年前と比べ6キロほど増していたようだ。
どうやら昔から「歳をとると丸くなる」というのは本当らしい‥。あははっ


Photo_2



人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村


2011年6月12日 (日)

終始一貫

6月9日(木)曇りのち雨 気温30.1度

朝からジメジメと蒸し暑く、日中は何をするにも気力がわかない。ましてリフォーム後のクズ材から去年の春先に作ったミニチュアハウスが、こんな姿になってしまったのを目にすると尚のこと気が滅入る。

Photo_10

我が家で、こげなこと平気でしでかすのはアレ以外に考えられない。
図々しいというか不貞不貞しいというか‥。

Photo_8

Dsc_1413

Dsc_1416

Dsc_1418

6月10日(金)曇り 気温30度弱。

今日も暑いのひと言ふた言で終われそうな感じがする。それ以外、たいして書くこともない平凡すぎる毎日でしかない。

1

08_2

作品とまで言えないにしても気持ちが入っているものばかり。
何点ものミニチュアを適当に積み重ね放置していた自分にも責任はあるが、ぬけぬけと目の前に姿を表すとは本当のバカなのか、それともキモが座った大物なのか。

4_2

5


6月11日(土) 曇り時々雨


久しぶりに過ごしやすい一日になった。雨が嫌いという人もいるだろうが、この数日の暑さからすれば恵みの雨であることは間違いない。もともと雨音を聞きながら寝そべっているのが好きな自分にとっては、今のところ過ごしやすい土曜となっている。ただ雨が降れば散歩の距離が大幅に減ってしまうことを事前に察知しているスパイクは雨が大っ嫌いみたい。

Photo_11

6月12日(日) 曇り時たま雨

この数日の中では涼しいほうなのかもしれない。あまりにも蒸し暑い日が続いたので、よく分からなくなってきているのが本音である。寝てる時は酒に酔いほぼ悪夢にうなされているが、あまりの息苦しさに死ぬのではないかと思う時が最近多い。


Photo_2

Photo_6

Photo_7



人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村


2011年6月 8日 (水)

虚構(きょこう)

6月6日(月)晴れ 気温27度ほど。

ちょうど西日が当たる裏庭の縁側も9割ほど完成。残すところ片側サイドと正面をどうしてやろうかと悩んでいる最中である。スパイクだけならこれで十分なのだろうが、世間知らずの猫がちょこちょこ出ようとするものだから、せっかくの縁側も脱走防止を踏まえながらの作業になってしまうわけだ。もう材料も残り少ないというのに‥。

Dsc_1411

Photo_3


6月7日(火)晴れのち曇りだが、気温28度以上。

よほどの暇人なのか、ついでに中庭も造り直す気分になってしまった。去年の夏頃、日差し避けとして作った竹細工もどきも自分なりに気に入っていたのだが、風の強い日は気がかりになってしまう。とくに雪の重みに耐えることが出来ず今年の冬も大変な思いをした。
材料も残りわずか、金も残るところがないというので、雪囲いで要らなくなった材料などをかき集めながらの作業開始となる。無理な話だが材料探しぐらい手伝ってほしいのが本音。

Photo_4

Photo_5

Photo_7

3

Photo_8

それにしても暑い梅雨盛りである。三十代頃まで日差しと共に寝るような生活だったからか暑さには弱い体質になっているような感じ。無理に暑さをしのごうとするからビール代が高つき、それに伴い腹周りが妙な育ち方をしてきている。やばいかも‥。やばいだろう‥。


6月8日(水)めちゃ晴れ たぶん気温は30度を超えているだろう。

この頃、朝が早い。決して目覚めが良いというわけでなく、たんなる目覚ましトリオが騒がしくなるからである。
腹を立てても仕方がない。その分、リフォーム作業がはかどるのだから良しとしておこうか。

Dsc_1279


中庭の日差し避けも残すところ、よしずを貼り付ければ完成。たぶん震度2ぐらいには耐えられる強震設計にはしてあるつもり。まぁ、形あるものはいずれにしろ壊れるのだから、そのあたりは問題なし。

Dsc_1406


Photo_9


人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村

2011年5月30日 (月)

五月雨

5月25日(水)晴れのち曇り 気温23度弱

久しぶりの日記になってしまい反省しているところもチビリある。
もう春といえる季節も終わり梅雨時期に入ろうとしているが、春日和は平年に比べ暑かった気がする。とくに先週の土曜あたりは30度を超える真夏日だったというのに、翌日は雨が振り出し気温も17度と急に冷え込んでしまう不安定な雲行きだった。

Photo


このところ散歩でしか鍛えようのない肉体は気温の変化についていけず風邪もどき症状に悩み苦しんだ。
苦しんだというのも、一番の原因はスパイクからの散歩ビーム、オカマからはトイレ掃除命令、オナベさんはエサ要求と優しすぎる愛情をビシビシ注いでくれるわけだ。なんなく午後より町医者へ逃げ込むことにした。

Photo_2

Photo_3


5月28日(土)晴れのち曇り

Photo_4

二年ほど花を咲かすこともなかったバラの枝に見事花が咲いた。二階のベランダから中庭へ植え替えたのが良かったのかもしれない。しかし中年男にバラは似合わないものである。

Photo_5

気休めにもならならないヤブ医者の「スポーツ飲料などで水分補給をしっかり」という一行たらずのセリフで無駄な診察料を取られ持病の金欠病が悪化した。
とりあえずアルコール飲料を多めにとってすぐさま爆睡。翌日も夕方から悪寒が始まったので熱燗を一杯いっぱい。数日それを繰り返すことで何とか風邪もどきから脱出。ヤブ医者の言うこともまんざらでもないかも。


5月30日(月)雨 気温17度

台風も寝ている間に過ぎていったようだが、関東方面は何気に凄かったようである。風の音や雷が苦手なスパイクは何故かしらキャットハウスの中で縮こまって寝ている。頼むからそのまま散歩を忘れ寝ていておくれ。

そうそう二日がかりで作り上げた裏庭の縁側も吹き飛ばされずにすんでいたみたい。前に大工に見積もりさせたら10万円以上だと言われ諦めていたが何のことは無い、見た目は悪いが1万程度で七割完成。

Photo_6

Photo_7

Photo_8

明日、晴れたらペイント及びオメーラの脱走防止柵きっちりと作るつもり。


人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村

2011年2月10日 (木)

小春日

2月5日(土)曇り時々雨 

朝はオマケ軍団に起こされることから始まる。ほぼ決まった時刻に不思議にも顔を踏んでくれる。野性的本能で目覚める彼らと、それに従う中年。決してすがすがしい気分で朝を迎えてはいない。
暖かな時期ならまだしも寒い冬に彼らの要求を飲むには命がけの覚悟がいる。しばらく布団をかぶり寝たふりなどしてみたりもするが猫パンチと鼻パンチが即、飛び交う。要するにそんな朝事情な我が家である。

Photo_8

このところ、ちょいとばかし生意気盛りな紋次郎。すこしシメたろか?


2月6日(日)晴れ時々曇り。気温10.7度


朝、目が覚めると散歩に出かけ、いつものようにエサをやり、やらねばならぬ家事を終え、腹が減れば飯を喰い、夕暮れ時に晩酌に明け暮れる。たっぷりとあるような時間もいつの間にか過ぎている。
挑戦意識が強かった頃に嫌っていた生き方を今になり自らがそうしているようだ。

Photo_7

「そもそも生きるってこうなんだよなぁ」なんてつぶやきながら‥。今日の晩酌。
さすが春も近づけば、頭の中もポカポカしてるみたい。

2月8日(火)晴れ時々曇り。

今日も日中は暖かい。暖かいと言っても外で何かするほどの気温でもない。
冬場はパソコンの前に座り込み、そこに浮かび上がる文字をじっくり読みあさることが多くなる。
今年は少しずつボロ屋の二階をリフォームしていく予定である。むろん金も無いので自己流でするしかないわけだが‥。
とりあえずパソコン棚といえばよいのか書斎と言いきっても構わないのか、さわさわとオマケ軍団に邪魔されながらも完了。

Photo_6

Photo_9

お疲れ様、じぶん‥。


2月10日(水)雨

雨とはいえ暖かい日が続いている。大量に降っていた雪も今のところ止んではいるが、また明日になれば降りだすかもしれない。油断は出来ないまだ二月上旬。

スケジュールも無いようなオトコだ。雪も止み急に除雪作業も無くなれば、おのずとオマケ軍団と過ごす時間が増えるだけのことである。
紋次郎とはなこって昼間もべったりしてんだなぁ。

Photo_2

Photo_3

Photo_4


人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村

                                             

2010年10月20日 (水)

物言えば唇寒し秋の風

10月19日秋晴れ

肌寒いからと厚めの服を着てみれば、午後から暑くてたまらなくなるような不安定な天候である。我が家のスパイクと紋次郎は冬支度の準備段階に入ったようで、まぁ、抜け毛がすごい。こちらも少しばかり抜け毛が気になりだしてきている年頃なのだが、おまえ達はちゃんと生えてくるんだもんね。ええなぁ~。
裏庭に植えていたサツマイモを先週末に掘り起こしたところ、俗に言うツルボケという現象だったようで、焼き芋は来年に持ち越しとなった。来秋こそはちゃんとしたサツマイモを育てようと思ってはいるが、それよりも自分がツルボケに成らぬよう気を配らなければならない。さっそくホームセンターで頭皮マッサージを買ってきてみたりした。

お前らが楽しみにしていたサツマイモ、こんなんでした。
ちょこまかコンビは悲しげな表情というか、何ともあきれた様子。

Photo

冷ややかな二匹の視線に耐えながら、早朝より裏庭で縁台造りに精を出す。ただ、数日前に流し込んだセメントが水平に固まらず柱建てが不可能となり、小屋根造りは見事断念。「これまた失敗か」と照れ笑いでスパイクと紋次郎を撫でようと手を伸ばしすと物言わず立ち去っていく二匹の姿に呆然とする。


Dsc_1124


「猫奉行と泥棒犬」
または
「大泥棒の紋次郎とその手下犬」

Photo

Photo_2

Photo_3

それぞれの縁側のくつろぎ方はあるにしろ、紋次郎だけは常に偉そうに見える。


Dsc_1098


Dsc_1101_2

「ケッケッケッ」と笑う悪代官の紋次郎


人気ブログランキングへ

2010年9月29日 (水)

それぞれの生き方

9月29日(水) 晴れ

6時半、起床。秋を通り越し冬が近づいているような肌寒さを感じる。
現在、発情中のスパイクは普段より外に出たがる回数が多く、今朝も早々と散歩の準備は万端とのこと。

Photo_2

仔犬の頃はちゃんと室内のオシッコシートで用を足していたものの、二年ほど前から「用足しという行事」は外でするものと勝手に決め付けてしまったようだ。天気の荒れた日ぐらいの散歩は我慢もできるが、時折、夜中に起こしてくるときはさすがに辛い。生きものとしての生理現象とはいえ、せめて真夜中はオシッコシートの上でしゃがんでほしいものだ。人間のほうがワンワンと本気で泣きたくなってしまう。
何気に散歩が当たり前になってしまっているというか、「それ、飼い主の義務だろっ!」という態度が見受けられる。

Photo_3

そういう面でいえばネコなんてものは楽だと思えるが、出掛けようとすると切なそうな顔をわざわざ玄関先まで見せにくるところが玉にキズである。まぁ、最近、タマにキズもしたことはしたが‥。

ただ、紋次郎もそろそろ外に出たいんだなっという雰囲気は見られる。
中庭で遊ぶスパイクの姿を恨めしそうに縁側からながめているのを最近よく目にするのだが、そうやすやすと庭に出すわけにもいかない。外の環境の怖さも知らない紋次郎が大通りに面した塀を乗り越えでもすれば、ほぼ間違いなくあの世いきになることだろう。
先日、近所の猫が事故にあったばかりである。触れたこともない猫だったが何度かスパイクの散歩中に見かけたりしていた。こちらを警戒しつつ、近づいてこようとしていたのもわかった。その猫とはそれくらいの間柄でしかなかったわけだが、その事故後の姿を目撃してしまった時は正直、かなりショックだった。
四十も過ぎれば命の限りぐらいは理解できるようにもなってきたし、いつ何が起こるかわからないものだということも見てきた。
アリとキリギリスのどちらの生き方でもかまわないが、オマケ軍団の命だけは守ってやりたいと思う。


‥とは言っても、月末のエサ代はケチらせてもらう。

Photo_9

「金儲けのうまい人は、無一文になっても自分自身という財産を持っている」 フランスの哲学者~

Photo_4   Photo_5


 


とりあえず、オマケ軍団の脱走防止策を作ってみる。
時間、まる二日。
経費、一万ほど。

Photo_6   Photo_7

ブログネタ: アリとキリギリス、どっちの生き方がいい? 参加数拍手



人気ブログランキングへ

2010年8月28日 (土)

青空の下で自給自足

8月23日(月)晴れ

お盆も終わったというのに猛暑はまだまだ続くらしく、午後の3時をまわっても温度計は35℃近くを指している。あまりに暑いのでエアコンの下でゴロ寝するが猫により暑さそれほど変わらず‥。

Photo_4

Photo

カメラが好きなのかレンズを向けると必ずポーズをとって立ち止まる一風変わった猫だ。何かの拍子に可愛く見えたりする瞬間はあるが角度によっての錯覚だろう。差別はしたくないが何処から見ても猫より犬がかわいい。根本的に犬派なのだからしかたない。

Photo

猫は水が苦手だと聞いていたが紋次郞は浴室が好きなようだ。なんとなく猫もいいものだと騙されにかかってきているような感覚も‥

4857

数日前、このネコがオスワリを覚えた。猫が「オスワリ」をするのは凄いと思ったが、ネコってそんなものなのか。
ネコなんて飼ったことも無かったのでよく分からない。でも、なかなかブサ可愛いものだ。


「午後6時の異変」

0038

スパイクが庭先で何度か嘔吐した。どうやらネコが来てから食欲も無くなっている。念のため病院に連れて行き診察してもらったところストレス性胃炎だとのこと。そのわりに体重は3キロほど太っていた。ちなみに私もまた3キロ太った。

Photo_6

新たに裏庭に植えた茄子と唐辛子と大葉、そして食料難に備えてのサツマイモ‥。

何をどう書けばよいのか、たわい無い日常だからたわい無い日記しか浮かばず、変わりない生活に書くこと自身に悩んでしまう。

8月28日(土)晴れ

この夏の猛暑は16、7年ぶりらしいが、その頃は主に夜型だったので昼の記憶がほとんど無い。さらにエアコンを強烈に効かせた部屋で爆睡していたはずだから鼻水を垂らしていた可能性もある。
永く逆転していた生活は季節の移り変わりも理解しないまま一年をただ鼻水で過ごしていたのかもしれない。

Photo


冬の寒さや夏の日差しを肌で感じだしたのもここへ来てから、以前過ごした生活は今と比べると快適ではあったが、陽を浴びることの大切さと自然に触れる楽しみ方をようやく知った気がする。
8月もそろそろ終盤、この暑さもあとひと踏ん張りというところだろうか。今日は先日から構想を練っていた作業場を作ることにした。作ると言っても狭い地面に新たに建てられるわけでもなく、車庫の出入り口をふさぐ程度で済ませるしかないのだが、これから自家用車は何処に止めるのかという難問は後回し‥。

Photo


朝方、犬の散歩の途中で出会ったお年寄りから大量の赤シソとオクラを頂いたので、作業の合間に自給自足まがい。

Photo_4

赤しそジュースが12リットル、赤しそとオクラの甘辛味噌が1キロほど、焼酎で割って飲もうかとシソエキスに甘みを加えたものを作ってみる。資金だけではないが行き詰まると不思議に助け船が現れてくれる。人と深く付き合うことはしないが小さな行為には感謝している。さて、今夜から車を何処に止めよう‥


人気ブログランキングへ


より以前の記事一覧