カテゴリー「外出許可」の記事

2013年4月30日 (火)

回想

4月11日(木)

Photo_8


春の朝のささやかな寒気は嫌いではない。朝はいつも縁側で寝起きのタバコを一本吸いコーヒーを飲むのが日課になっている。オマケ軍団が来てからというもの屋内でタバコを吸うことがなくなった。おかげで部屋はヤニ臭くもなく火の気の心配も減ったが、冬場は妙に惨めに思えたりするのである。我が家の中庭には小鳥が入り込んでくることがよくあり、今朝も一羽の小鳥が庭石の上にいるのを見かけた。なんという鳥か目をこらせば見分けられたのかもしれないが、老眼まじりのオヤジにそこまでする視力も好奇心もない。仔猫だった紋次郞が我が家に来たばかりの頃、庭に放って遊ばせていると塀の上から二羽のカラスが目を光らせていたことをふと思いだす。あの時のカラスは間違いなく小さな仔猫を標的にしていたに違いない。幸いにもスパイクが紋次郞のそばから離れずにいてくれたので案ずることもなかったが、内心ヒヤヒヤしていたのが本音である。この時のスパイクはとても頼もしく利口な番犬に思えたりもしたが、『この時だけ』の偶然であった。今思うとあれは最初で最後の奇跡、もしくはまぼろしでしかない。


Photo_2


――夕方から金澤まで足を運んだ。ひとりで電車に乗るなんて何年ぶりだろう? むかし何ひとつ言えないまま別れとなってしまった幼なじみと、地元の安いホルモン屋で逢う約束をしていた。幼年期を過ごしたアパートの向かいにあった小さな店だった。子供の視線から大人へとなったことで、ところどころの景色やそばにあった脇道が思っていた記憶より狭く小さなものに見えたことに多少の戸惑いはあったにせよ、何かが変わっていたということはなかった。違っていたことといえば住んでいた木造アパートが取り壊されていたのと、ワンパク坊主がオッサンの顔に変身していたことぐらいである。
小学2年になりクラス替えをしたばかりの春に県外へ転校した。前日までそんなことも知らず自身の耳に入ったのも当日の職員室でのこと、その数時間後には知らない土地へと向かうトラックの荷台の中で荷物と一緒にうずくまっていた。あれから30年、いや40年近くになるか‥。


ホルモン屋ののれんを潜ると座敷に座った。やはり日本人なのか座敷で飲むとうちとけるのが早い。四十数年も生きていればそれぞれに何らかの苦労話もあっただろうが、そんなことはどうでもよかった。すでに気持ちはあの時代、あの頃の少年へとタイムスリップし思い出話のみに花が咲いていった。もう忘れられているのだろうと思っていた自身の存在を事細かに記憶していてくれたことに胸を打たれると同時に、今さらながら素直になれる居場所を見つけられたことにうれしさを感じていた。


Photo_9

オマケ軍団がボロ家で待っていることもあり時間は限られていた。時間の流れは思う以上にはやく過ぎ、時計の針もいつのまにか10時をまわっていた。「そろそろか」と、帰る電車の時刻を気にしながら名残惜しむように店を後にする。数分歩けば町駅があった。その間の帰路はまわりの景色を見ることもなく地面ばかり見て歩いた。帰りの電車のなか、ぼんやりと窓に目をやった。暗闇を吸ったガラスは鏡となり自身の姿を映し出している。引っ越し、転校を繰り返してばかりの少年期を送っていた。心の中から否応なしに湧いてくる感情に振り回され、意思とは別に生まれてしまった心の傷がいくつも植えつけられていく瞬間を経験してきた。もっと早くに故郷へ行っていれば良かったのかもしれないが、それはどうも、若い時代において面汚しの行為をさまざましてきたせいか、人というものを信じれず生きた時代がながく、思うように出来なかったのである。そんなトラウマになっていた欠片のひとつが今日の出逢いで薄れていったのを実感していた。

帰宅すると軍団の影が玄関扉のスキガラスがら浮かび上がっていた。闇の中にひっそりとうずくまりながら待ちぼうけていたオマケ軍団のことを考えると、ただただ抱きしめてやりたくなった。冷えた体を抱けば肌に触れる毛の1本1本から迎えられている情感が広がっていく。何となく歳を喰ったせいか感情が高ぶりやすくなってきているのか、妙に今日は胸が熱くなる1日だったようである。番犬にはほど遠い先住犬と重力を無視した猫の動きに癒やされながら、この後、オマケ軍団と二次会をはじめた‥。

Photo_13


人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村

2011年11月 5日 (土)

景観

10月29日(土) 晴れ 気温21度

秋風薫る晴れた日は縁側のガラス戸を開け放って、ついでに座敷の障子も押しひろげ畳の上にでんと寝そべっていたいものだが、我が家の塀など簡単に飛び越えそうな「はなちゃんジャンプ」を見せつけられては落ち落ち寝てはいられない。そうでなくとも何にでも興味をいだく年頃の「はなこ」なんて、やたら危なげな行動ばかりする。いっそ主人を見習って酔いつぶれてくれていた方が安心なのだが、酔えば酔ったで酒グセが悪そうな気もする猫である。

Hanakosann

紅葉の秋といっても我が家の中庭にオマケ軍団の姿がなかったとすれば、肌寒い季節が近づいたとしか感じれない狭いただの庭でしかなかった気がする。この空間で遊び呆ける彼らの素振りは我が家の小さな劇場だと言ってみてもおかしくない。今日も「はなこ」と紋次郞の珍劇場が無料で見られたことへ感謝する。

Photo

Tyu

Photo_2

Photo_3


10月31日(月) 晴れのち曇り 気温22度

たいがい夢中になったことがあっても初めの情熱が冷めると面倒な後に臭みが付いてしまう。情熱があるうちは勢いもよく楽しいものだが、いったん冷めてみると面倒くさいと裏返る。持続力が無いとかではなく飽きが早い男なのではなかろうかと善意に解釈しながら酒をあおり自尊心を保っている。ただ趣味として永く続けていきたいモノ作りにまで手をつけなくなっていることへ、これでは「あかん」と思いつつ、明日から開かれる創作人形展のホームページに目が止まり、大阪まで出掛けようかと迷う次第。もちろん日帰りが前提である。

Photo_9

オマケ軍団と生活して長旅などあったものでなく、正確にいえばボロ家に住みついてから遠出などしていない。朝一番の電車に乗り午前には目的の心斎橋へ到着する予定、午後7時には帰宅するつもりでいる。留守中はもっとも信頼できる知人の中年太りがオマケ軍団の世話をしてくれるという有り難い返事を貰い受け、たぶん安心してもいいだろうという半信半疑なる不安定な気分で前夜を過ごしている。

本音からすれば鶴橋あたりで一杯ひっかけてから帰りたいものだが‥、そうもなるまい。
はたして空き巣の番も出来ないオマケ軍団と、今月初めに狭心症にて心臓カテーテルを終えたばかりの知人に留守を任せて優雅な旅が出来るだろうか‥

Photo_8


11月2日(水) 晴れ 気温26.2度

留守中の北陸の気温は20.5度、大阪は25.5度と半袖シャツ一枚でも十分な暑さだった。予定通りの時刻には帰宅し留守中の無事を確認すると、ようやく気分が晴れたように思えた。遠出までして食ったモノといえば立ち食いソバとたこ焼きだけ、普段の食事の方がちょっとだけマシな気もする。必要以上の人混みと展示会での刺激や収穫はそれなりにあったが、オマケ軍団を残していったことへの刺激の方が強く感じていたのが本音である。

Photo_10


11月4日(金) 晴れ 気温22度

いつの間にか日脚がめっきり短くなり、あっという間に夕暮れになってしまう。さいわい晴天が続いているので日中折を見てはその辺をふらふら犬と歩いたりしているが、気を引くような出来事もなければそのような気配もない。犬と歩けば棒に当たるという話しも「うさん臭い」もので、当たるとすればクサイクの用足し後の始末袋ぐらいなものでしかない。

Photo_6

散歩からの帰宅へのコースに差し掛かれば、毎回つまらなそうな表情に変化するスパイクとは打って変わり、紋次郞と「はなこ」は玄関を開けるなり大はしゃぎする様子が見られる。スパイクは水飲み場へ直行するも紋次郞と「はなこ」は階段やら廊下やらをドタドタ走り回って喜び勇むのがお決まりとなっている。時折、勢いづいてケンカになる二匹ネコではあるが勝敗といえば、これまた「はなこ」に軍配が上がる始末で、男ならではの女々しさというものを秘めながら、気がつけば昼寝の時間となるのも日々の日課。

Photo_5



人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村

2011年8月 5日 (金)

変革

7月25日(火)曇りのち夕方には雷雨にあう

四季の感じ方が変わってきている。しんしんと降る冬期の雪はドサドサと降り積もるイメージしか残っておらず、春は蒸し暑いとの思いだけで過ぎていったよう。今年の秋はどうなるのか、夕日そして枯れ葉という感じの秋季前に我が身はすでに枯れ果てそう。四季を通し変わらないのはオマケ軍団の決まりきった行動だけである。

Dsc_0056


今日は野暮用で金澤の西方面まで出掛けることになった。出掛けるにあたってスパイクがいち早く感づいたようで落ち着きない様子。
みやげを買ってくるからと言い聞かせてみても疑いの眼差しだけが突き刺さる。

221112

曇り空ではあるが午前から汗が流れ出る。現地に到着後、少しばかりの力仕事を手伝い終えると卯辰山で豪勢な昼食に招待される。見渡すところアロハシャツにゾウリ姿は我のみである。こんなことなら身形を考えて来るべきであった。

Sbsh0006_2

Photo

それにしても秋空のような我がままな雲行きである。夏場のゲリラ豪雨なんてのも珍しくなくなったようで帰り際、突然と集中豪雨と雷鳴りに出会ってしまう。交通も乱れ徐行運転ですら前方が見えない状況、これでは寄り道も出来ない。すばらしき言い訳になるが、オマケ軍団への土産物もこれにてナッシング。

Photo_4

7月27日(木)曇り  
夏日からすれば過ごしやすい午前中である。縁側のサッシはもちろん部屋中の窓を開け放っていると一階奥の和室から南風が入り気持ちいい風が舞う。このところエアコンに頼りすぎていたが自然の風が一番過ごしやすく安つく。

先日の卯辰山での食事の後、散歩がてら頂上付近まで歩いたところで地域猫と出会った。紋次郞と同じく八割れの猫である。耳に三角のカットがされていたところをみると避妊手術はされているようである。野良猫といえども人には慣れているようで珍客にも怖がらず愛想を振りまいていた。あの豪雨をどう過ごしたのだろうか‥。

Photo_5

彼らに比べれば紋次郞とはなこは幸せな環境に置かれているわけだ。葬儀場で一匹だけ取り残されていた紋次郞、そして半年前にゴミにまみれ死にかけていた「はなこ」、二匹はラッキーだったに違いない。そして一番ラッキーだったのがオマエらと出会えたワシなのだろう。恥ずかしながらも本当にそう思っているわけだ。気色悪いと言われていたはずの紋次郞のカギシッポが我が家に幸運を運んだのかもしれない。

Kagi

Photo_6

Photo_8

Photo_7



人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村

ブログネタ: あなたの目覚まし音は?参加数

2008年7月10日 (木)

写真写り 東京ディズニーシィ

せっかく遠出をしてもパンフレットのように景色の写真しか残せない。そこで自分がどんな表情で過ごしていたのか数年後には当然忘れてしまう。

_2  0_2

景色や他人を撮るのはいいが撮られるのを嫌ってしまう。カメラのレンズが向けられると思わず顔がこわばってしまうのは昔から変わっていない。それでカメラを避けるようになってしまった。
昔の写真は何枚かあるが、どれも不自然な顔つきばかりである。意識しないようにと意識するから、笑える表情になっている。それなら自分の顔を自分で撮ればと思い試したが、どうもこわばっている。
どれだけ撮っても気に入らないのだから、根本的に自分の顔自体が気に入らないのかと落ちこむ。
思い出の瞬間やその時の気持ちを自然に残せればと思うが、今日も後ろ姿しか残せなかった。
顔以外であれば抵抗ないのだが、手ではなぁ。


C2  900



人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村


2007年7月10日 (火)

道楽

Nisif

この数年、考えていたのは休日にふらり知らない土地に行って、その町や風景に自分がどれだけ興味をもてたか、あるいは気にいらなかったか、そしてその場所で自分がどれだけ楽しんだのか、もしくはくだらなかったのかを写真に残そうということだった。昔からカメラやレンズの質にあまり凝るほうではなく、「写真はカメラの質じゃなくて腕だ」などと吹いていたが、今ではNikonのカメラの性能に驚くばかりである。


 8_2

迷路のような石道を時間をかけ何度も往き来したあと、また同じ場所に立ち寄ったことを確信しながら、タイムスリップしたこの不可思議な町並みを後にした。 
(金澤 長町武家屋敷跡)

154

カメラというものは不思議なオブジェクトだ。500分の1秒でシャッターを切ってレンズを通し映像がフィルムに焼き付けられる。それだけの事だが人間の一生の中で次から次へと止まることなく流れて行く時間をカメラは、完璧に人生の500分の1秒(一瞬)を切り取って写真という形に残してしまう。これは不思議な事だと思う。肩からカメラを提げていると時を封じ込める魔法の小箱を持ち運んでいるような気がする。

 C

                      
―金澤―


2007年6月 5日 (火)

立ち入り禁止区域 (能登金剛)

画像で観たものとは、あまりにも違っていた。

Dsc_0346_3


だいの大人が、おもしろ半分で危険地域に足を踏み入れたのかと言われれば、すべてにおいて否定できない。

  
2
  

Dsc_0351 

松本清張の小説「ゼロの焦点」の舞台となったことで、全国にその名を知られた場所でもある。

Dsc_0366 
 Dsc_0362  
Dsc_0347

だが生きているうちに、この目で大自然のおとろしさを見ておきたかったのが本音のところといっていい。都会化された時代の中で自然界がおかす出来事を目の当たりにするのも、そうめぐりあうことでもない。まためぐり逢わないことを祈るべきなのだろう。

2007年3月25日 (日)

能登半島地震 P1

ニュースを見て驚いた。
_37突然の揺れでマンションの一室は大きく横に揺さぶられ立つのもやっとの状況だった。これほどの揺れは記憶の中で初めてである。どうにかテレビのリモコンを握り、ニュースをつけた。母方の故郷、能登半島の地震であった。前日の雨で地盤が緩んでいたのもあり、とんでもないことになっているようだ。足元には買ったばかりの「バカラのペアグラス」が砕け散っていた。現在、わかることはここまでである。

3月25日午前9時42分ごろ、北陸を中心に広い範囲で強い地震があり、石川県能登地方で震度6強(マグニチュード6.9)と推定。警察庁などのまとめでは、石川県輪島市鳳至町上町で女性(52)が自宅の灯籠(とうろう)の下敷きになって死亡したほか、重傷10人、軽傷95人。

2005年6月20日 (月)

寺町へ

6月6日(月)晴天
Photo_11 9_2 83

この頃、めっきり夜遊びをしなくなったからかサイフの中身にゆとりがある。もう女は懲り懲りだとか興味が無くなってしまったという年齢でも性格でもない。ただ単にほかに神経がいっているだけだろうから、いつ悪い癖が出てもおかしくない。

B09  Photo_12 1_3

ろくろの上に粘土を乗せ台を回しながら粘土に指を当てると、回転の中心 から綺麗な円形が作れるはずなのだが…。不器用な手先は本当に慣れてくれるのか不安になる。

B C_2 次の週に薬剤を塗りに向かい、本日は焼き上げに出向いた。

1_4 71e
一生懸命に作った作品だからこそひと品だけを選び、残りを壊しせと言われたりした。
そうすることにより、ひと品の思いと愛情が生まれるそうだが、二股三股が当たり前のオトコは最後まで女々しさばかりが浮かび上がってくる。

7429b_2

20060531

久しぶりに土とたわむれてみると、もの作りの楽しさにあらためて気付かされる。先月土を練り作りあげた噐が焼き釜から取り出された日でもあり、「まあ、これはこれで味がある」なんて、ひとりでうなずきながら顔をゆるませた。

「これもいいし、あれもいい」、いくつもの器を眺めながら、ひと品を選びおえると、残りは土へと返す。どれも心残りはあるが、ひと品だけを択ぶことに決めている。しかし見れば見るほど迷うのである。結果、何を基準に決めるかなんて、目利きも出来ない自分の場合、その時の気分でしかない。


10月12日(木)晴れ

M0
国道沿いから横道にそれ商店街を通り抜けると色づいた山々の景色が楽しめる。ここからはもう一本道。今日は晴天ともあってオープンで走るにはもってこいの朝だった。こういう楽しさは味わうべきである。


0


Yakimono27

061010_112507_m


人気ブログランキングへ